男性と女性の抜け毛や薄毛の原因が違うって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悩み改善・似合うスタイル提案に特化した柏の美容室「Re+hairリプラスヘアー」の越川 洋光です。

いつもお読みいただきありがとうございます。

本日は「男性と女性の抜け毛や薄毛の原因か違うって本当?」です。

そう、実は違うんです

男性の薄毛、抜け毛の原因の一つに「AGA(男性型脱毛症)」というものがあります。

DHT(ジヒドロテストステロン)という毛母細胞の働きを妨げる男性ホルモンが体内で生産されることで引き起こされます。

女性の薄毛は、AGAと違って頭皮全体から髪の毛が減っていく「FAGA(女性型脱毛症)」や髪が引っ張られた部分が薄毛になる「牽引性脱毛症」、さんごのストレスやホルモンの乱れて起きる「産後脱毛症」など複数の脱毛症状が存在します。

FAGAは、加齢や更年期によって女性ホルモンが減少するため、相対的に男性ホルモンが優位になり発症します。

このように、男性は男性ホルモンの影響で、女性は女性ホルモンの影響でそれぞれ薄毛になるので、それぞれのホルモンが作用する場所、男性なら額やつむじ付近の頭頂部、女性なら頭皮全体と薄くなる場所が変わってきます。

次回から男性女性の薄毛の原因、対策をそれぞれ書いていきます。

本日はここまで。

お読みいただきありがとうございます。

髪や頭皮の悩みはこちらに登録

https://line.me/R/ti/p/%40hvy9580q

ホームページはこちら

https://replushair.com/

Re+hairリプラスヘアー

千葉県柏市明原3丁目21-25

TEL04-7196-7893

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*